読み込み中...

塗装のコラム

野木町のアパートの屋根にガルバリウム鋼板を上から張ります!!

画像がありません

2019年09月07日

野木町のアパートにて改修工事にて屋根工事を行っております。

本日は、屋根のカバー工法工事にて、ルーフィングを張り終え、ガルバリウム鋼板の屋根材を屋根の上にクレーンを使用し、荷上げ致しました。

この時期、風が良く吹きますので、屋根材が飛ばされないよう、屋根足場を設置し、頑丈に括り付けておきます。

今回の屋根材は3.6メーターほどの長さの材料を使用しています。ですので、風が吹いているときに持ち上げますと、屋根材が折れてしまい、使用できなくなってしまうのです。

ですので、雨の時はもちろん、強風の際も、作業が休みになってしまいます。

 

 

0.35ミリのガルバリウム鋼板を張っていきます。

 

 

こちらは、ルーフィングを貼る前に行った、軒先の部分に、部材を設置します。

スターターともいい、この部分から、屋根材をひっかけて設置していきます。

 

 

そしてビス止めで、一枚ずつ張っていきます。

下から上に向かって、貼っていきますが、両サイドの部分はそのサイズにカットをして設置します。

 

この様にコツコツと貼っていきます。

雨が降ったり、風が吹かないよう祈るのみです。