読み込み中...

塗装のコラム

下野市の外壁塗装の現場にてベランダの手すりの塗装の準備を開始 

画像がありません
ブログ, 塗装

2019年09月07日

 

 

下野市にて外壁塗装工事を行っております。

本日はベランダの手すり部分のけれん作業を行いました。

何度かお客様が鉄部の塗装を行っていたそうですが、どうしてもすぐに剥がれが出てきてしまいました。

それは、元々の塗膜が残ってしまい、そこから剥がれてきてしまうからです。しかし、今までの塗膜をすべて取り切るには、それ相当の費用として手間がかかってしまいます。

 

 

このような道具を使用し、剥がれのひどいところは取り除きます。

狭い箇所などは手作業にて、剥がせるだけ剥がしておきます。

外壁の塗装が完了しましたら、錆止めを塗装していきます。

 

 

続きまして、軒天部分の塗装です。

おなじみの関西ペイント、セラマイルドで、二回塗りを行います。

写真は、塗装直後に撮影したため、艶が出て見えておりますが、つや消し塗料ですので徐々に引いていきます。

 

 

外壁も下塗り作業を行いました。

今回は、KFケミカルのハイブリットプライマーを塗装しております。

通常のシリコン塗料よりもグレードの高い下塗り材で、上塗りの密着性を高め、尚且つ、既存の塗膜とも物凄い密着性を発揮しますので仕上がりも抜群です。

そして、乾燥期間を充分とり、中塗りは別の日に行います。