読み込み中...

塗装のコラム

下野市にて外壁塗装の現地調査を実施してきました!

画像がありません

2019年09月07日

 

 

下野市にて外壁と屋根の塗装工事のご依頼があり、現地調査を行ってきました。

屋根と樋を囲む板金部分が劣化が見られ、どちらの素材も塗装してもすぐに剥がれてしまう素材の為、屋根はカバー工法を、板金部分は飾りなので撤去をお勧めいたしました。

 

 

屋根はお客様が何度か塗装はしていたそうですが、すぐに剥けてしまうとの事でした。

この鉄板部分も塗装をしてもすぐに剥がれてしまうのです。

 

 

シーリングの劣化です。

クラックや外壁材との剥がれが見られました。しかし、新築時のシーリングが木下地に直接シーリングを打ち付けているやり方でしたので、いつものような目地部分のカットができません。

ですので上から被せるやり方をお勧めさせていただきました。

 

 

東面にテラスがあり、足場を組む際、屋根があると設営できない為、剥がすことに致しました。

また、ベランダの手すりの鉄骨はかなり剥がれが見られましたので、けれん作業がかなり難航しそうでした。

 

 

外壁面は、チョーキング現象が見られ、塗膜が劣化していますので、塗装工事を行う頃だと思います。

 

 

軒天も前回、塗装した塗膜が剥がれてしまっていましたので、けれん作業後、2回塗りにて塗装するようでした。