読み込み中...

塗装のコラム

下野市でイクシードを使用しシーリング工事を施工しました  

画像がありません
ブログ

2019年09月07日

 

 

下野市にて、足場が組まれ、外壁塗装工事が開始いたしました。

いつものように、シーリング補修工事から始まっていきます。

既存のシーリングを撤去いたします。

 

 

専用カッターを使用し、既存のシーリングを残さないようにできる限り取り除いていきます。

 

 

この様に、綺麗に取れます。

これはシーリングの底面が元々、密着しないように施工されているので、両サイドをカットすると、きれいに剥がれます。

これを2面接着といいます。逆に、3面共、シーリングが密着してしまうと、取れなくなってしまいます。

 

 

付属の専用プライマーを塗布しシーリングの密着性を高めます。

 

 

そして、イクシードという超耐候のシーリング材を目地部分やサッシの周りなどに充填していきます。

こちらのシーリング材は、経年による硬質化を防ぎ、長い間柔らかさを持続できる為、劣化しずらくなっています。

 

 

養生テープを剥がして完了です。

当社では、施工後表面をしっかり乾かせるため、塗装作業開始するまで、少なくても5日間は乾燥時間を取ります。

焦って、シーリングの上に早く塗装してしまうと、膨れてしまうなどの不具合が出てしまうからです。

ですから23日は作業に入らなかったり、屋根を先行で塗装したり、養生作業などを行ったりと、時間を稼いで、作業をしていきます。

しっかり塗装工事が行われるよう、工夫をして進めていきます。