読み込み中...

塗装のコラム

シーリング補修

2019年01月09日

本日はシーリングの補修についてお伝えします。

サイディングの目地部分には、シーリングと言われる物が打設されています。

新築の時より、紫外線や風雨にさらされて、10年程で硬化し劣化して、断裂や亀裂が入り始めます。

このような状況が続くと、雨が内部に入り込み、柱やサイディングの材質自体を腐らせてしまう事があります。

そうならない為に、塗装工事の際にシーリングの補修を行います。

まずは、シーリングの撤去です。

専用の工具で、シーリングをカットして撤去します。

30坪程のお家で、この倍ほどの量が撤去できます。

シーリングを打設する部分の養生して、周辺にシーリングが付着しないようにします。

専用のプライマー、接着剤の役割の様な物を塗布して、密着性を高めます。

そして、今回は、耐候性の高い、イクシードというシーリングを使用しています。

従来のシーリングは10年程で硬化してくるのですが、こちらの材料は、15年から20年の耐候性があると言われています。

窓の上なども綺麗に仕上げます。

外壁と似た様な色で仕上げた為、分かりにくいのですが、綺麗に仕上がりました。

そして、弊社では、一週間程、乾燥期間を取り、塗装作業に移ります。

塗装工事の前作業として、シーリングの補修作業をご紹介いたしました。