読み込み中...

施工事例

野木町のアパートの外壁塗装と屋根カバー工事が完了しました

画像がありません

  

野木町のアパート改修工事を行いました。

外壁は塗装で、屋根は塗装が不可能な屋根の為、上から被せるカバー工法での工事を行いました。

また、外壁も一部、劣化がひどく、サイディングも張り替える工事を行いました。

   

 

 

外壁の真ん中部分のシーリングが切れていて、雨が入り、内部まで腐らせてしまいサイディングが浮いてしまっていました。

ですので一度サイディングを剥がし柱を補強してサイデイングを張りなおしました。

   

 

屋根は表面がめくれ上がり、塗装は不可能な状態でした。

 

これはもともとの材料がこの様に劣化してしまう材料で塗装ができない為、今回のようなカバー工法にて工事することになりました。

   

 

シーリングの劣化が著しい為、目地部分はすべて打ち換えて補修を行いました。

また、2階通路と外壁の間に隙間があり、雨が入り1階のドアなどを劣化させていた為、その部分の隙間も埋めました。

その際サイデイングの浮きもビスで打ち込みました。

 

 

外壁の塗装は、ラジカル制御塗料の関西ペイントのダイナミックトップを使用致しました。

軒天や破風、雨樋なども塗装致しました。

 

 

 

 

屋根は、ガルバリウム鋼板を既存の屋根の上に張って行うカバー工法で施工しました。

 

 

粘着性のある防水シートを全面に張り込みます。

 

 

先端部分にスターターという部材を取り付けてから、下から屋根材を張っていきます。

 

全面に張り終えましたら棟部分の下地を木材で作り、ルーフィングも張り込み、板金を上から張っていきます。

 

 

今回の工事はオーナー様には予期せぬ屋根が塗装できないという状態と、サイディングが想像より劣化していた為、工事金額が増えてしまいました。

しかし今回のような施工をしておかないとさらに劣化が進んでしまい、さらに費用が増してしまう事もあるので、やはり日ごろから建物のチェックはしておくことが必要となりますので、その際は是非、街の外壁塗装屋さんまでお問い合わせください。